金魚に Kiss EOS Kiss X2

金魚は風邪などひくのだろうか
数年前 金魚を飼っていた
「金ちゃん」と名付けた
毎日名前を呼んであげた
数ヶ月で死んでしまった
最期にキスをした
マッチ箱に入れて 庭に埋めた
手を合わせた
今は 何処に埋めたか
記憶にない
金魚
EOS Kiss X2 TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO

カテゴリー: 写真 カメラ EOS, 日記 ブログ タグ: パーマリンク

金魚に Kiss EOS Kiss X2 への4件のフィードバック

  1. YMKO のコメント:

    金魚も風邪をひくのです。白点病といって体に白い斑点がつく病気で 水温が低いとかかりやすいと いわれてます。だから 人間と同じです。
    ご無沙汰している間に 綺麗な花や淡水魚を写して すっかり カメラマンになってしまったみたいね。
     桜の花も今までは ただ単に綺麗にさいてるぐらいにしか 思わなかったのではないでしょうか?
    満開の桜を見て 「この先いったい 桜を何度見る事だろう」って思ったりしない? 年を取った証拠かな?
    最近、心惹かれた歌があります。「人生の扉」(竹内まりや)
    「春が来るたびひとつ年を重ね 目に映る景色も少しずつ変わる~~~」
    私達年代の 心境を物語る歌です。
    よかったら今度、聞いてみてね。そして 歌ってみて!!!

  2. 小林一夫 のコメント:

    金魚も風邪ひく・・・知らなかった。
    「桜の花も今までは 咲いてることだけ知っていました(笑)
    でも今は、nice に自分の目に映っています。
    人生の扉     竹内まりや
    春がまた来るたび ひとつ年を重ね
    目に映る景色も 少しずつ変わるよ
    陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く
    気がつけば五十路を 越えた私がいる
    信じられない速さで 時は過ぎ去ると 知ってしまったら
    どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ
    I say it’s fun to be 20
    You say it’s great to be 30
    And they say it’s lovely to be 40
    But I feel it’s nice to be 50
    満開の桜や 色づく山の紅葉(もみじ)を
    この先いったい何度 見ることになるだろう
    ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ
    ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ
    I say it’s fine to be 60
    You say it’s alright to be 70
    And they say still good to be 80
    But I’ll maybe live over 90
    君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように
    長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ
    I say it’s sad to get weak
    You say it’s hard to get older
    And they say that life has no meaning
    But I still believe it’s worth living

  3. ほうせんか のコメント:

    こんにちは。 ニューヨークでブログ拝見しています。5番街からです。こちらは街路樹に花なしの花が咲いています。まだ肌寒く風が冷たく感じます

  4. 小林一夫 のコメント:

    ニューヨークですか〜!
    国際的になったもんだ
    ブログじゃなくて・・・金魚が
    五番街へ行ったならば
    マリーの家へ行き
    どんなくらししているのか 見て来てほしい
    五番街は 古い町で
    昔からの人が
    きっと住んでいると思う たずねてほしい
    マリーという娘と
    遠い昔にくらし
    悲しい思いをさせた
    それだけが 気がかり
    五番街で うわさをきいて
    もしも嫁に行って
    今がとてもしあわせなら 寄らずにほしい
    で・・・・・。
    なんでニューヨーク?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>