変わらない強さ タンポポの花

タンポポ種子1
昨日まであったタンポポの種
今朝見に行ったらありませんでした
冬と春の間の菜種梅雨は
冷たい雨が多く降りますね
タンポポの種
冷たい雨に打たれて
挫けてしまったのでしょうか
綺麗なVoiceに誘われて
旅立ったんでしょうか
風にのって
いつか自分の居場所見つけて
着地するのでしょうか


タンポポ種子2
残っていたタンポポの綿毛に
「行ってらっしゃい」って
思わず言ってしまいました
アスファルトでも綺麗な花咲かせる強さ
子供の頃 息を吹きかけて遊びました
「つんぼ」になるからと
母に叱られました


タンポポ3
タンポポって好きだな 素朴でいて
でも よ〜く 見ると
こんなに綺麗だったんですね
環境が変わっても
変わらない強さ すごいなって思います
昔からずっとあって 変わらないものは
何かを語りかけてくるような気がします
好きなものは、ずっと変わらないです
EOS Kiss X2 TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1

カテゴリー: 写真 カメラ EOS, 日記 ブログ タグ: パーマリンク

変わらない強さ タンポポの花 への4件のフィードバック

  1. arima のコメント:

    小林さん、こんにちは。
    「花と小父さん」シリーズ、快調ですね。今回のたんぽぽは被写体の対象としては良いですね。また、写真としても上手く撮れていると思います。
    春を告げる花と言えば桜ですが、このたんぽぽも春を感じさせてくれる花ですね。日本人に一番親しまれている野花かもしれません。私も大好きな花です。地面のコンクリートの割れ目から出ているたんぽぽを見ていると、その生命力のたくましさに感心してしまいます。
    日本で見られるたんぽぽは、ほとんどが西洋たんぽぽらしいですね。100年前の日本人は今とは少し違うたんぽぽを見ていたのでしょうね。どちらにしても、黄色い花が可憐ですね。

  2. 小林一夫 のコメント:

    arimaさん
    「花と小父さん」ガソリン値下がりで、飛ばしぎみですかね(笑)
    お花が、つながりを作ってくれたんですよね
    花を愛する小父さんは、
    花のように、まだまだ綺麗に咲き続けたいと願っています
    花も小父さんも
    綺麗な水と 綺麗な言葉(Voice)が、大好きで
    それらはみんな、天から来るものばかりで
    一人でも歩いて行ける 単歩歩になるのかな〜
    野花の代表は、やはりタンポポですよね
    日本人の代表は、小父さん達がならなきゃ
    これから 歩いてきます 
    まずは単歩歩から

  3. みゅう のコメント:

    「花と小父さん」いいですねぇ~!良過ぎ!
    私もカメラ買い換えちゃおうかなぁ。

  4. 小林一夫 のコメント:

    時間の問題だ
    早いほうがいい
    買うべし
    生き生きしたフラミンゴの写真、また撮って見せてよ,牛がもぉ~!って声出す写真もね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>